【特集/カメラ女子旅】「海を締めくくるは稲取漁港!!編」


さて、第六弾にしてついについに!やってきました!!

\ 稲取漁港!! /

お昼に食べた金目鯛もありましたが、この稲取漁港はこの町のシンボルのひとつです。

今回はこの場所をご紹介します!

では、いってみましょう〜!!

堤防から役場の方へあるいていくとまず水揚げ場があります。

ふたりと比べるとわかるスケールのでかさ!

ここには毎日新鮮な魚が水揚げされます。

港の方に近づいてみるとそこには漁で使う網がありました。

思わず匂いを嗅ぐふたり、、、!!

ちょっと歩くとなにやら作業をしているひとを発見!

お仕事中でしたら話をさせていただきました。

話を聞いてみるとキンメ漁師さんがキンメ漁の餌の仕込みをしているところでした。

まさに漁港ならではの一枚!!

お忙しい中でしたが色々紹介していただきました!

漁船も案内してもらいました。

キンメ漁の仕掛けの説明

船には稲取のマークがついていますね

海の男はカッコよくて、そして優しい。

お忙しい中、ありがとうございました!

漁師さんに別れを告げて、一行は漁港をふらふら。

ん?

manaちゃんがなにやら発見した様子?

manaちゃんが発見したのはネコでした!

ということでお約束の一枚をパシャり!

う〜ん、かわいい!

と思ったらこのビュー!!

とてもいいカットでしたね!

奥に見えるのは役場。茶色の建物がシンボリック!

では、最後にふたりの撮影した写真をご紹介します!

カメラ女子がみる稲取漁港の姿はいかに!!

写真で切り取るとまた一層魅力が伝わってきますね!

さて、初回から順番に東伊豆町の海の魅力を紹介してきましたが、次回からは山へ行きます!

はい、登ります!!

海と山を堪能できるというのは半島の特権ですね。

では、また来週もおたのしみに!

#SPOT

You Might Also Like:
About Us

運営団体:NPO法人ローカルデザインネットワーク(LDN)

静岡県東伊豆町に生まれたシェアキッチンスタジオ「ダイロクキッチン」の運用を軸に「都市とローカルを結ぶことで暮らしたいまちと暮らす社会」をヴィジョンに建築設計を主な手法にまちづくり活動をしています。

建築学生による地域活性化団体「空き家改修プロジェクト」によって2016年3月に竣工したダイロクキッチンのプレ運用期間を経て、同年11月より「NPO法人ローカルデザインネットワーク」として法人化。

メディア:ダイロク通信.com

東伊豆町の回覧板で発行している「ダイロク通信」と連動したローカルメディア。東伊豆の魅力をお届けします。  

静岡県賀茂郡東伊豆町稲取348-2ダイロクキッチン          dai6kitchen@gmail.com ▶︎Read More