「ねこさいの日」ってなに?北川へ取材にいってきました!


地区:伊豆北川温泉、港の広場

伊豆北川には、「ねこさいの日」という行事があります。

こちらの行事、「ねこさい」と言いますが、「猫祭」ではありません。

この地域では定置網のことを「根拵網(ねこさいあみ)」という方言で呼ぶことから

「ねこさいの日」というネーミングになったようです。

ねこさいの日には、地元産の魚介類がとにかくお客さんにふるまわれます。

今年初の「ねこさいの日」の会場には主に観光客の老若男女が30人程参加していました。

ふるまい前に参加者全員で、海に向かって地元の漁師さんたちの安全や大漁をお祈りします。

いざ、ふるまいスタート。

この日は、炭火焼きのブリ・サバ・イカ・サザエが振る舞われ、会場の皆さんいっせいに魚を焼いているおじちゃんたちの周りへ。

ハイペースで魚に食らいつき、しばらくは行列が絶えませんでした。

北川ソウルを伝承する少年もこの日は駆けつけ、地元の魚に食らいついていました。

新鮮な北川の魚の炭焼きに、会場のみなさんは終始ご満悦の様子でした。

見なきゃ損、来なきゃ損、食べなきゃ損…そんな日が「ねこさいの日」なのです!!

2017年の「ねこさいの日」は4.5.9月の日曜日に開催されます。

一部日程で開催されない場合もあるようなので、ご来場の前に開催スケジュールを確認することをオススメします。

※取材日はサザエのみ有料となっていました。

#グルメ #ねこさい #北川

You Might Also Like: