第三回月刊ローカルデザインネットワーク放送後記「門井慎之介」

月刊ローカルデザインネットワーク開催しました。

第三回は“建築のチカラ”のついて話しました。

大学を卒業してからアトリエ設計事務所に就職し、複数の建築の設計に携わり、そこで感じたことを伝えられたと思います。

間の間の家では、コロナ時代における住まいとして

集合住宅では都内の新しい住まい方として

こども園では多くの園児の姿に建築のチカラを実感しました。

今後、変動する時代に“屈せず寄りそう”建築のあり方を模索し続けたいと思います。

You Might Also Like: